うれしい!AIR DOのアンケートに答えたら抽選に当たってQuoカードが送られてきました。なんとなく確率的にはいいのでは・・と思っていたのですが、期待はしないように、なるべく忘れることにしていました。というのもアンケートは搭乗後にウェブページにアクセスして答える形式で、実際やってみると100問くらいあったのです。ちょっと大杉w。なので、意外と律義に答える人は少ないのでは?と思いました。それで母数が少ないのでないかと予想したのです。
 それで当選してQuoカードが送られてきたのですが、オリジナルデザインがかわいくて使うのがもったいないのです(↑写真)。使えない…。

 このAIR DOのキャラクターの白熊ですが、前から好きでこんな写真も撮りました↓。

 機内サービスの紙コップのデザインもいい。でも・・・前にこのことをブログに書いたことがあって、その時はコップを穴に入れて、顔がちょうど出る感じだったような気がしました。それでブログを辿ってみたところ、あった!2011年3月の投稿の写真↓
 このように顔が出ています。ということはテーブルの穴が大きくなったんだな。前のちょうど顔が出る感じがかわいかったのに。アンケートにこういう所にも気を配って欲しいと書けばよかった。

 昨年、TBSの日曜9時枠でのドラマ「陸王」のフォントを調べて「正調明朝体B」だなと推定したのですが(この記事)、今回は同枠のドラマ「この世界の片隅に」を調べてみました。

 ぱっと見、なんてことのない太ゴシック体なので、「もう少し内容に寄った情緒のある書体を選べなかったのか?」という印象で、ごくありふれたフォントなんじゃない?と思ったのですが、意外と凝ったフォントで探すのに苦労しました。

 ちなみにアニメ映画のロゴはこんな感じ。明朝体でエッジを荒らす加工がされています。

 さて本題のドラマのロゴのゴシック体ですが、「こ」の一画目と、「に」の一画目にハネが無い。また、漢字の起筆にウロコが無いなど、何の変哲もないと思ったら結構該当するものが無く、苦労しました。ついに見つけたのが画像にも書いてありますが「秀英角ゴシック金B」でした。

 秀英角ゴシック金(ほかに銀もあります)はちょっと古い印象の骨格を持った書体で、戦時中というドラマの内容に合わせたのかとも思いますが、このタイトルの文字だけでは残念ながら「古さ」はあまり醸し出されていません。そして、書体も生のまま使われてはおらず・・・

この画像のようにウロコを取る加工がされていました。(形はピッタリ同じなので、このフォントには間違いないでしょう)

ということで、今回のロゴのフォントはぱっと見の印象はやっつけ感のあるものの、意外と凝ったフォントを使っていた。・・・・・けど、効果はあまり?・・・


実家に帰省していたのですが、戻ってくる時に乗ったjetstar✈の機内誌の表紙が上白石姉妹の妹、萌歌でした(↑左)。偶然にも2年前に乗った時の表紙が姉萌音(↑右)でした。今回はちょうど細田監督のアニメ映画「未来のミライ」の主人公の声を萌歌が演じているので、そのプロモーションのようで、2年前の時はあの大ヒットアニメ「君の名は。」の声の出演で姉が表紙だったようです。二人はちょうど2歳違いのようなので、同い年の同じ時季にアニメの声を演じて同じ機内誌の表紙になっているということになる。

 腑に落ちない名前その2は「コブシメ」です。昆布でしめたこぶしめと紛らわしいから。「コブシメの昆布しめ」みたいなことになるでしょ(怒。
 イラストは今回ちょっと慣れていないアプリで描いたのであまり納得していないのですが、まいいです。