たぶん、このソニーのタイマーが一番古いかも知れないです。Sony Program Timer PT-D9W。中学か高校の時に買ったものなので、かれこれ30年くらい使っています。

後ろに電源供給プラグが2個付いていて、何曜日の何時に電源供給を開始して、何時にストップするというのを9つまでセットできるというもの。当然、目覚まし機能もあります。最近の家電はタイマー機能が最初から付いているものも多くなりましたので、これの出番も少なくなってしまいましたが、このタイマーの便利さはなかなかのものでした。

「ソニーの製品はわりと早めに壊れる」ということの揶揄として「ソニータイマー」などと言われていましたが、本当のソニーのタイマーは逆に30年経ったいまでも壊れることなく現役で働いているのに、あらためて「よく壊れないな〜!」と感心しているこの逸品です。

西田幾多郎の読書会のポスターを作りまして、先日会場の表母屋に実際に貼った写真を送っていただきました(上写真の右)。実は印刷をする前に「B2」の大きさのポスターを貼ったらどんな感じか?をイメージするために、前に送ってもらっていた母屋の写真に、縮尺を計算してB2を想定してポスターの画像を合成してシミュレーションをしてみていました。それが上の写真の左です。かなりいい線行っていますよね!大きさの割り出しに使ったのは日本家屋の「間」です。引き戸の間口は2枚分で一間あるはずなので、戸一枚の横幅を半間と想定し、約90cm。そこから比率を計算してB2のポスターの大きさを推定してみました(下図)。ほんの少し実際よりも小さかったかな。
ポスターサイズ割り出し図

区のデザインコンテストみたいなものがあるらしい。これは区の博物館所蔵の浮世絵・江戸絵がホームページで公開してあり、これらを使ってなにかデザインしてくださいというもの。これらの絵は昔のものなので著作権は切れていて、区のホームページで公開しているものはオープンデータということで、まぁほぼ自由に使っていいらしいです。つらーっと眺めていたら、この「東照宮祭礼絵巻」の一部分、猿回しの猿が面白かったので、背景色をつけて、色味もパッキリさせたものを作ってみました。現代でも全然いけるイラストだなーと思います。