ブラジル土産

 ブラジルに行っている先輩が今週一時帰国していて、お土産を色々いただきました。前回もらったブラジル産コーヒーがちょっとヒットしなかったことから、リベンジでもう少し良いコーヒーを買ってきてくれました(左)。エルサルバドル産のようですが、飲んだことがないので楽しみです。高地栽培Strictly High Grownが売りのようです。
 時差12時間で、移動時間が丸1日もかかるので、時差ボケが治らず眠いとのこと。一週間でまた戻るので、ずらしたままでいるそうです。大変ですね。そんな大変な移動の荷重分の価値も乗っかっているお土産。

いつもはアラビア半島辺り産のコーヒー(モカ)を飲んでいるのですが、ブラジルのコーヒーで美味しいのはないものかと探索しています。こないだ買ったブラジルのブレンドはまあまあ美味しかった(リッチ・ブレンド)。そして、今回はもう少し攻めたブラジル産の特殊な豆を買ってみました(写真)。結果、これは失敗😖。豆の香りは特徴的でスゴクよく、期待したのですが・・・。味については人それぞれの好みの問題なので、「好きな人にはたまらない味」ということで。あまり批判はしたくないです。ということで名前は画像だけでわかるようにしておきます(検索で見つからないように)。自分用の備忘録。

2016.6.1 追記
その後「飲めないから無駄になるな」と諦めかけていたのですが、試しにいつものネルドリップをやめてペーパードリップにしてみたら、すっきりして飲める味になりました。無駄にならずに良かったです。☕

 最近、コーヒーを淹れる時に豆の中にあるもみ殻=チャフを取り除く作業をするようになって、時間がかかってしかたがないです。少し砕いて「フッ」と吹きながらチャフを飛ばすの繰り返し。
 このチャフはコーヒーの味の雑味の原因と言われていて、取り除くと味がクリアになると言われています。ただ、逆にアクセントにもなっていると言う説も有り、まあ好き嫌いの世界で、結局は自分で試して判断するしかないのですが。僕としては「取った方がクリアになって多少美味しくなった気がする」くらいです。
 こうして時間がかかるようになったのですが、このチャフ取りがなんともクセになるのです。耳かきで大きいのが取れた時のような感覚で、大きく原形のままファサッと取れると気持ちが良いので、今のところ止められません。たぶん忙しい時期はさすがにやってられないでしょう。

コーヒー豆を選ぶ時の指標に
・モカとかブラジルとかの銘柄(産地)
・煎りの深さ
ともう一つ「ボディ」という指標があります。「フルボディ」などといった使い方をします。これ、なんか「しっかり・ぼってりしてるんだろなー」くらいの感じで雰囲気でわかったつもりでいたのですが、よく考えたら「一体何なんだ!?」と思って、ふつふつと怒り?がわいてきました。「なんだよボディって!」

そういえば、ワインもフルボディという言い方があった。たぶん同じような事を表しているんだと思って調べたんですが・・・。まぁ、だいたいは予想した通り、コーヒーもワインも味の「コク・重さ・芳醇さ」を表す指標のようです。でも、明確な基準があるわけではなく、なにかぼんやりとしている。こんなハッキリしない指標、とても後味がわるいんですけど。