5月20日の投稿で、「SDGsのアイコンデザイン」の質がよろしくないという第1弾を書きました。そして「まだある」と予告をしていたので第2段です。

 このように「2 飢餓をゼロに」のお椀のセンターがズレている!のです。

 世界中の印刷物で使われているマークですし、制作中に気付くデザイナーもたくさんいると思います。気付いてしまうと直したいのがデザイナーのさがですが、こういうロゴは勝手にいじってはダメなのがルールなので気持ち悪いながらこのまま使っているんです。


 上のグラフは僕の「年齢による感心事の変遷」をなんとなく描いてみたものです。白破線の所にあるように音楽が30歳くらいで急激に落ました。あれほど没頭していた音楽なのに、そうなったことがなんだか不思議だったのです。
 そんな中ある時「音楽への没頭は若者の特権」で歳をとるとその情熱は失われる!“これは人によるのではなく、一般的に人間というのはそういうものだ”ということを知りました。これについて書いてあった記事(後述)を見て「あぁ!そういうものなのか!」とちょっと衝撃を受けたのでした。

 そして、不思議なことに歳を取る毎に人は「花鳥風月」といわれる自然に対して味わいを深くしていく・・・(というのは前にちょっと書きました)。これも不思議とみんな大体そうなる。人というのはそういうものなんでしょう😑

 ところで、上のような年齢ごとの関心割合のグラフ。こういう研究調査ってどこかでやっていないのかな?みんなの平均的なものというのも興味あるし、その人その人の個人的なものもあったら見てみたいな。

 補足ですが、僕が見た音楽についての調査発表はこちらです。↓


Spotify’s chart of music relevancy versus age.

 ↑これは音楽サブスクサービスのスポティファイの調査記事で、”中年になるとヒット曲についていかなくなる”ということを表したチャートです。ズバリ「音楽への関心が無くなる」とは言っていないのですが、「25歳にかけて急速に流行曲を追わなくなる」と言っています。
※関係ないけど、このグラフ、なぜタコメーターみたいに円形にしたのだろう?すごくわかりづらいと思う。普通に縦軸にチャート順位、横軸に年齢にすればわかりやすいのに。

 SDGsのロゴのデザインについて。前から言いたい事がありました。

いっぱい言いたいことがあるのですが、総じて言いたいことは「クオリティーが低いので活動全体のクオリティーもそれに引っ張られて見られる」ということ。例えばお店の中がちょっと薄汚れていることでそのお店の全体が察しがつくみたいなことです。

 どこが良くないか、少しずつ分けて紹介していこうと思いますが、まずはこの色の選び方(上画像)です。17個の色を選ぶとなった時にこんな選び方をします?中には本当に近い色もあります。僕なら絶対にやらない。
 あと、17個というのも嫌なところです。割り切れない。並べる時にも半端になるよね。デザインしづらいのです。

 先日、さまぁ〜ずのテレビ番組を観ていて面白かったこと。本人が来ないゲスト(事前アンケート形式)で細野晴臣さんの回でした…


「自身の曲で、この曲のこの部分を聞いてほしいという所教えてほしい」という質問に、細野さんは「安田成美さんが歌った『風の谷のナウシカ』の歌の冒頭2小節で『金色の花びら』の箇所のコードが禁じ手。この和音進行に馴染めなかったのか、フランスの歌手クレモンティーヌさんがカヴァーしてくれたときは短調を長調に変えられてしまった」と回答。そこで安田成美さんとクレモンティーヌさんの風の谷のナウシカを聴き比べた。

 という場面があった。確かにこの曲をはじめて聴いた時(高校生くらいの頃だったと思う)からなんか変な感じだなと思っていたけど謎がとけました。メロディーはいいのだけどコード進行がなんか変。これはクロマチック・メディアントというコード進行なんだそうです。YouTubeでまさにこの説明をしている動画がありましたので貼っておきます↓

安田成美 の 風の谷のナウシカ – Dr. Capital


 Dr.Capitalさん。とてもわかりやすいし、ギターのアレンジがすごいかっこいい。
 ちなみに「クロマチック」という単語。僕にはちょっと苦手意識があって、デザイン関係にも音楽関係にも出てくるのですが、僕は最初にデザインのカンプで使うためのインレタのようなものとして「クロマチック」という名前を知ったのです。後に「色の」的な意味らしいということを知ったのですが、これが音楽用語としては「半音の」という意味なるということです。意味が結びつかなくてこういう語感がなかなか覚えられない。

 ※そうか、クロマチックの名詞形クロームはモノクローム=単色。コダクローム(コダックのカラーフィルム)とかで前から「色」の意味で使っているんだ。

 プログラムを組んでいるとたまにこの1970年1月1日が出てくることがあります。時刻の変数に何かの拍子でゼロが入った時にこれが出てくるんだなーというのはなんとなく理解していたのですが、よく考えたらなぜゼロが1970年になっているのか?

 これはUnixTimeというもので、コンピュータのOSーUnixで時間を扱う形式です。1970年の1月1日0時0分0秒(Unixエポックというらしい)を0として、1秒ごとの累積ということになっています。今日の今(投稿のちょっと前3月12日PM12:00)のUnixTimeは

1647054000
(日本時間)

 それで、なぜ1970年かということですが、これといった特別な理由はないようです。UnixOSが広まったのがこの頃で、ちょうど切りのいいところをゼロにしたかったという感じらしい。ちなみにそれより前の時刻もマイナスを使って表せばよいので、僕が生まれたUnixエポックの1カ月ちょっと前(1969年11月末)も-3300000(日本時間)とかで表せる。

 ちなみにちなみに、エクセルでは日付形式に「0」を入れると「1900年1月0日」になるんですね。