「自分ら世代にとっての👩(誰々)は自分の子供世代(30歳下と想定)にとっての👧(誰々)だ」という話。

この夏、aikoの「かぶとむし」をヘッドフォンをした女学生が歌うCMがありまして、今のあの世代にとってaikoの「かぶとむし」は昔の名曲という認識なんじゃなかろうか?と思いました。そして、僕が前から提唱している「若い人達にとってのaikoは自分らにとってのイルカなんじゃないの説」を思い出したのです。

 もっと他にも「あの世代の○○はわれわれにとっての○○」というのがあるんじゃないか?
「今の10代にとってのゆずはわれわれにとっての○○」とか。10代から見たらゆずも40歳おじさん大御所アーチストといったところでしょうし。

 このような観る目線の差から同じような構造を見つけることで、新たな気づきがあったりしてオモシロイのです。また、べつの「👩(誰々)は👧(誰々)だ」説を発見したら発表したいと思います。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

口に食べ物を入れたまま「◯◯◯ー」と発するのをよく見るようになりました。みんなその状況からそれが「おいしー」だとわかる。これは考えてみるとすごくない?日本語の「語」を使わない新しい用法なのではないでしょうか。

…というか、ただ「最近よく聞くなぁ」と思っただけです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 新しく発売されたこのリュックと背中の間に隙間を作る製品。まさに僕も前から考えていたのです。先に商品化されてしまいました!(・o・)夏にリュックを背負って自転車に乗る時、背中が汗でびっしょりになるので、こういうものがあったらいいのではないかと考えていました。プラスチックとか、それこそ籐や竹の網篭なんかでできないかなと。

 この商品はUSBファンも付いているということで、そこまでは考えていなかった。しかし、どうせ自分では作ったりしなかったので、サンコーさんがお手ごろな値段で実現してくれたので良かったです。ちょっと購入するか考えてみよう。
商品ページはこちら

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 先日、テレビを見ていて知ったのですが、声帯を動かす神経(反回神経)が脳から出て、下の方へ行って声帯を通り越して、心臓のそばの大動脈の下をくぐってから上に戻ってきているのだそうです(左側の反回神経)。これは進化の過程でこうなりました、と言って説明していたのが上の図です。

 魚🐟の時に最短で繋がっていた神経(水色)が進化の過程で脳と声帯が上にのぼって行って、血管に引っぱられた状態になったようです。わかりやすい!ガッテン!

 人間(動物もふくめ)の体なんて、本当に奇跡的にうまく色々なものがギュッと組み立てられた完璧なものと思っていたのですが、意外に「本当はここの線はこっちを通した方がいいんだよね」という部分もけっこうあるんだなと思いました。

 もし今、進化のしがらみを無視して配線のやり直しが効くならば、外科のお医者さんなんかいっぱい「こうした方が絶対良い」とか意見があるんじゃないかな。

 リアルな図はこちら↓ 反回神経は赤い線です。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+


昨日、羽生結弦選手についてこんな↓ツイートをしたら、ゆずファンの反応(いいね、リツイート)がものすごくてびっくりしました😮。熱がすごい。


「物我相忘じ、主客を超越した状態」とは西田幾多郎が知的直観の説明で言っている表現。「神来(しんらい)」とか「三昧(さんまい)」とも言われる境地です。
※イラストは極簡単にわざとくせのある感じに描いています。ゆずファンの方、気を悪くしないでください。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+