今年はこんな年賀状です。紙は「ハイブリットバガスFS ラフホワイト」を試してみました。ここ何年かは「高白ラフバガス」でとてもお気に入りの紙だったのですが、同じバガス(サトウキビの搾りかす)原料のこの紙はどうかなと思って、使ってみました。
 結果、高白ラフバガスと遜色なくいい感じ。この紙、お菓子や化粧品のパッケージなどに使われているそうです。

 あと、宛名面はここ何年か茶クラフト紙の風合いを印刷して↓(こういう感じ。2016年)


宛名を白いインクのボールペンで書いていたのですが、その白インクが粘着質で、重ねて保管しているとくっついてしまうようだったので、今年はやめて、白っぽい地紋にして黒いペンで宛名を書きました。

 日経サイエンスで新コーナーコラム「科学の森」が始まりまして、そのコーナーイラストを描かせていただきました。この森の絵です。筆者は東京大学名誉教授の和田昭充さん。
 余談ですが、この「森」の字は奇しくもこないだからこのブログで書いている正調明朝体でした(デザイナーさんが入れた文字)。「陸王」のフォントと同じです。