ツイッターでこういう風↓にツイートしたのですが、イラストで描くとこう↑。テレビの限界によるブロックノイズが逆にいい感じ。


期待していた「ダイナミックVR」の演出自体はあんまりうまく行っている感じではなかったですが、Perfumeのパフォーマンスがすばらしいので結局カッコよかった。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 僕はにんにくアレルギーで、にんにくを食べると頭痛がして気持ちが悪くなります。ただ、味が嫌いなわけではない。「にんにくが苦手です」というのはなんか違和感があります。いや、嫌いじゃないんだけど、敵なんです。
 そんな複雑な存在「にんにく」ですが、敵こそ逆に描いてみようと思って、今回は3Dモデリングしてみました。なかなか面白かった。

使用ソフト:cheetah3D
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 ツイッターでもつぶやいたのですが・・・。池上彰さんの本「知らないと恥をかく世界の大問題」シリーズでイラストを描かせていただいていまして、この本の中では世界の首脳のイラストもよく描くのですが、前々からヒラリークリントンの顔を似せるのが難しいので苦労していました。↑この写真は今年5月に発売した第7弾のイラストです。この時点からずーっと、次期大統領はほぼヒラリーで決まりだろうと世間では言われていたので、「あー、これから4年はヒラリーを描かないとならないのか・・・」と、「トランプは特徴があって似やすいのになー」と思っていました。

 まさかまさかトランプが勝つとはこれっぽっちも思っていなかったので、「仕事的なことだけ考えたら、トランプが大統領になった方がいいのにな」なんてちょっと考えてしまった。もしや僕がそんなことを考えてしまったせいでトランプが勝ってしまったのではないか?! まぁそんなことはないのですが・・・なんともとんでもないことが現実になってしまいました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+