このブログに「mac mini 熱対策」で検索して来てくださる人が結構いて、前に書いた記事の間に合わせな熱対策ではなんとも申し訳がないなーと感じていました(木のサイコロを4つmacの下に置いて、底面に空間を作っただけのもの)。実は底面よりも上面の方が熱を持ちやすいので、底面の風通しはそんなに効果が無いということもありました。

 そこで、今回新たに上面の熱放出を促す対策としてアルミのヒートシンクを買ってみました。サイズは150mm x 60mm x 25mm。amazonで1枚990円です(2枚で1980円、なんと中国からどんぶらこと送ってきて10日くらい待ちました)。これを2枚並べて、mac上面の後方、熱を持ちやすいSSDのある辺りに置きました。もっと能動的にファンで風をあてるということも考えられるのですが、せっかく静かなmac miniの特性を台無しにしたくないので、とりあえず自然放出を効果的にするヒートシンクを使ってみることとしました。これから夏に向けて気持ち的対策です。実際の効果はこれから見ていきたいと思います。

今だにiPhone4sを使っていますが、ケースを天然木(ローズウッド)のものに変えてみました。木製ケースは結構高いのですが、もう古い機種なので投げ売りだったのでしょう、380円(・o・)でした!持った時のしっくり感とか見た目は気に入っていますが、机に置いた時のクッション性のなさや滑りやすさがちょっと不安です。

 去年の年末に買ったケンジントンのトラックボールSlimBlade。使い勝手はとても良く、メンテナンスも楽。これまでマウス難民的だったのですが、もうズッとこれでいいやと思うくらいでしたが、急に縦スクロールが効かなくなってしまいました。
 でもこのトラックボール、なんと5年保証が付いているんです(写真の箱にも赤い字で書いてありますね)。メーカーとして「壊れにくい」自信なんだと思って、そこも気に入って買ったのですが、1年しないで壊れてしまいました。まぁしょうがない。保証内でなおしてもらえるか聞いてみましょうと、最初、ホームページを見てみたところ、どうも怪しい雰囲気で心配になり、埒が明かないから電話してみると、意外や意外、なかなかしっかりした対応。直ぐに保証内で対応してくれるということで、良かったです。
 壊れたやつを送って、修理をして送り返してもらうと思っていたのですが、なんと新品の代替機が送られてきて壊れたものを送り返して、取り換えっこして終り!ということらしいです。上の写真、送られてきた新品が左の箱入り、右がこれから送り返すというところです。
 新品と交換とは思わなかったのでまぁ嬉しいし、良い対応だなと思いましたが、修理をするよりも新品と交換した方がコスト的にいいんだろうか?最近はこういうものなのかな?

 ということで、無事にまたトラックボールを使っています。