ハオルシア レツーサ

近くの花屋さんの店先で気になっていたこれ。いろいろな多肉植物の小さい鉢が並べられている中(多くはサボテン)、一つだけこの半透明っぽい葉のやつがありました。何日か様子を見ていたのですが、やっぱり買ってしまいました。

多肉植物の中でも葉の中が半透明になっているもの(レンズ系と呼んでいます)が憧れでしたが、まだ一つも持っていませんでした。買う時に店員さんに「これの名前はわかりますか?」と聴いたのですが、「すみません。」と分からないとのこと。自分で調べてみたところ、たぶんハオルシア・レツーサだろう。買ったこの株は特徴である透明感もそんなに無いし、たぶん半端モノなんだろうけど、初レンズ。試してみます。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

10月に買った李慶子さんのガラスに多肉植物の銀箭を植え替えました。鉢底に根腐れ防腐剤入れるのを忘れていました。大丈夫かな? しかし、さすが作家さんのガラス。他の空き瓶を使ったやつよりも見映えがします。茶色の粒(セラミスグラニュー)もこれで無くなったので買ってこよう。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

小さい多肉植物を買ってきてしまいました。銀箭(ぎんぞろえ)といいます。白い産毛が特徴です。

※ウェブで調べた多肉植物の記事では「ぎんぞろえ」と言っていることが多いのですが、一般的なことばとしては「ぎんせん」(銀の矢)と言うらしい。もしかしたら誰かが「揃」っぽいから「そろえ」と間違って言っていたのが広まってしまったのかもしれません。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
  • 1 / 2
  • 1
  • 2