最近公園などでよく見る花が気になったので調べてみたら「アガパンサス(紫君子蘭)」だった。


 アガパンサスは学名でもあるのですが、「属」という分類レベルです。Wikiなどで調べると、その上のレベル「科」やさらに「目」などが書いてあります。
 アガパンサスの科はヒガンバナ科。確かに花の形状はヒガンバナにそっくり。
 そして目はなんとアスパラガス目。えーっアスパラガス?! でも言われてみると名前はたしかにそっくり。アガパンサス≒アスパラガス。

 このアスパラガス目(正確にはAsparagales、日本名だとキジカクシ目)が一大目で配下に「ラン」「アヤメ」「ネギ」などを従えています。アスパラガスそんなに偉かったのか!
 面白くなってアスパラガス目を色々調べてみると僕が持っているトラノオ(サンセベリア)もこの中に入っていました。2018年に14年ぶりに花を付けた時に撮った写真があるので、花をアガパンサスと比べてみますと・・・


 こんな感じで、細長い棍棒型のつぼみとか共通点があります!
 ヒガンバナとネギ坊主も言われてみれば似ているような…とか、でも本家のアスパラガスとはあまり共通点が無いような感じもします。分類学なかなかおもしろいぞと思いました。


 ウォーキングの途中、花壇の側でフワッと甘いガムの匂いがしました。どうやらこの辺の花木から漂ってきているようだ。発生源が特定できないのだけど、たぶん距離から言ってこの花だ。何という花か皆目わからないけど、後で特定して本当にこんな匂いがするのか調べようと写真を撮りました。※上の写真
 帰ってきてiPhoneのアプリで調べてみると「特定できませんが…おそらくMagnolia Figo (Lour.)DC.」と出てきた。なんだかよくわからないけど、さらにMagnolia Figoを調べてみるとモクレン科オガタマノキ属(Michelia)の「カラタネオガタマ(唐種招霊)」というらしい。説明によると「バナナのような強い甘い香り」とありました。そうか、あれはバナナの香りと表現するのか。植物からあんな人工的な甘い匂いがするのは初めてでびっくりしました。


 10月19日の投稿でサンスベリアに蕾がついた話を書いたのですが、一応花が咲きましたので投稿しておきます。細長い筒のような鞘?から線状の雄しべが放射状に開きます。下の方から順に開いていきます。香りは独特で例えるのが難しいのですが、青いバナナのような感じが入っているかな…

 前回この株に花が付いたのは2004年だったようです。14年ぶりとは。

 いつのまにかサンスベリアに蕾が付いていました。この株は買ってからもうずいぶん経っていて、一時は細って寂しくなったのですが、ここ1〜2年でどんどん脇芽が増えてまた立派になってきていました。

 サンスベリアの花には甘い露が付きます。写真にも写っていますが既に蕾の下に甘い露が光っています。