ブラジル土産

 ブラジルに行っている先輩が今週一時帰国していて、お土産を色々いただきました。前回もらったブラジル産コーヒーがちょっとヒットしなかったことから、リベンジでもう少し良いコーヒーを買ってきてくれました(左)。エルサルバドル産のようですが、飲んだことがないので楽しみです。高地栽培Strictly High Grownが売りのようです。
 時差12時間で、移動時間が丸1日もかかるので、時差ボケが治らず眠いとのこと。一週間でまた戻るので、ずらしたままでいるそうです。大変ですね。そんな大変な移動の荷重分の価値も乗っかっているお土産。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

いつもはアラビア半島辺り産のコーヒー(モカ)を飲んでいるのですが、ブラジルのコーヒーで美味しいのはないものかと探索しています。こないだ買ったブラジルのブレンドはまあまあ美味しかった(リッチ・ブレンド)。そして、今回はもう少し攻めたブラジル産の特殊な豆を買ってみました(写真)。結果、これは失敗😖。豆の香りは特徴的でスゴクよく、期待したのですが・・・。味については人それぞれの好みの問題なので、「好きな人にはたまらない味」ということで。あまり批判はしたくないです。ということで名前は画像だけでわかるようにしておきます(検索で見つからないように)。自分用の備忘録。

2016.6.1 追記
その後「飲めないから無駄になるな」と諦めかけていたのですが、試しにいつものネルドリップをやめてペーパードリップにしてみたら、すっきりして飲める味になりました。無駄にならずに良かったです。☕
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
ハオルシア レツーサ

近くの花屋さんの店先で気になっていたこれ。いろいろな多肉植物の小さい鉢が並べられている中(多くはサボテン)、一つだけこの半透明っぽい葉のやつがありました。何日か様子を見ていたのですが、やっぱり買ってしまいました。

多肉植物の中でも葉の中が半透明になっているもの(レンズ系と呼んでいます)が憧れでしたが、まだ一つも持っていませんでした。買う時に店員さんに「これの名前はわかりますか?」と聴いたのですが、「すみません。」と分からないとのこと。自分で調べてみたところ、たぶんハオルシア・レツーサだろう。買ったこの株は特徴である透明感もそんなに無いし、たぶん半端モノなんだろうけど、初レンズ。試してみます。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

イラストを担当しました池上彰さん著「知らないと恥をかく世界の大問題7」(KADOKAWA)が5月10日に発売になりました。そして、今度の日曜(5月15日)のBS日テレの番組「久米書店」で、この本が課題図書の放送があります。池上さんがゲストです。僕は久米宏さんのラジオを毎週聴いているので、僕のイラストが久米さんの目に触れるだけでも嬉しい(もちろん壇蜜さんもだけど)。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+