こちら↓のサイエンティフィック・アメリカンの記事が目について、ふみふみのアニメを描いてみました。4コマのアニメですが”タメ”を作ってふみふみの感じを出してみた。

 「なぜ猫はビスケットを作っているようなこねこねをするのでしょう」という記事。猫の”ふみふみ”は英語で“making biscuits”(ビスケットづくり)と呼ばれているのを知りました。へー

 サザエさんのメークのBefore→Afterを描いてみました。
サザエさんの場合、口の線の色を赤に変えるだけで口紅を塗ったということになります。また口を囲う線でも赤色になる部分とならない部分があるのがわかりますね。ちにみにサザエさんだけじゃなくフネさんも化粧をした時は同じくこうなります。

 アニメの表現手法、こういう細かい部分に気を取られてしまします。

 夏になるとよく作っているバナナスムージーです。このブログでも何度か紹介しています。ポイントは
・なるべくフレッシュでもっちりしたバナナ(凍らす)
・豆乳
・氷2個くらい
・甘味(僕は液体のオリゴ糖)
・塩少々
・香辛料としてガラムマサラなどあるとちょっといい感じ。
 シナモンとかショウガを擦ったのでもいい。
これらをミキサーにかけます。

 今年はプランターでレモンバームが育っているので、4枚くらい取って入れてみました↓。


 まぁ、おいしいのですが、バナナが「もっちりっち」という商品を使っていて、今年のは思いの外”ねっちょり?”しています。このテクスチャ、何と表現したらいいのか?「あー、あれ、あの感じなんだよなー」と思いついたのが・・・・
 ”チャーリーとチョコレート工場”で、ジョニーデップが新しいフレイバーを求めて探検に行って、ウンパルンパの村に着いて、酋長にイモムシを潰したのを食べさせられるシーン。あのイモムシの潰した緑のやつのテクスチャーに似ている。そのシーンのアニメを作ってみました。

 映画ではこのアングルではないんですが。わかりやすく横からにして描きました。