Skypeからこのようなメールがきていました。

お客様がサポートの終了を予定している古いバージョンのSkypeを現在または過去に使用されている記録がございます。 20‍17年7月1日以降、これらの古いバージョンのSkypeにはサインインできなくなります。

 普段Skypeなんて使っていなかったのですが、ちょっと3人で遠隔会議をする予定ができて、それではMacでSkypeを使おうと思ったのですが、やはり最新バージョンがインストールできず、使えなくなっていました。どうやらMacOSの最低条件が10.9以上でなければインストールできなくなったようです。
「さて困ったぞ」とネットで調べて色々試してみたものの、やはり最終的にMacOSを10.9に上げろと言ってくる。ちなみに僕の環境は10.8.5。


 そこで今度は英語で検索してみると、なんかそれらしき “ How to Skype with OS X 10.6.8? ” というディスカッションボードを発見しました。元ページはこちら

 MacOSのバージョンはぼくより古いのですがやってみる価値はありそう。方法は割と簡単で、
まず用意するのは旧バージョンのSkypeバージョン6.15.0.335。これはSkypeのホームページの旧バージョンダウンロードページで落とすことができます。このバージョンをインストール後、一回起動してみる(僕の場合ですが、最初一度も起動せずに下の手順をやってみたらうまく行かなかったので、一回起動してからの方がいいかと思います)。そしてその後の手順

1. Skypeを一旦終了
2. アプリケーションフォルダに行き、Skypeアイコンを右クリック
3. 「パッケージの内容を表示」を選ぶ
4. その中の「Info.plist」をクリックして開く
5. スクロールして次の箇所を見つける

<key>CFBundleVersion</key>
<string>6.15.0.335</string>

この↑バージョン番号6.15.0.335を新しいバージョン7.36.0.507書き換えるのです。バージョン偽装の様なことですね。そうするとこう↓なります。

<key>CFBundleVersion</key>
<string>7.36.0.507</string>

6. ファイルを保存。または⌘+s
7. Skypeを再起動


といったところです。
これを試してみたところ、ななんと!使うことができました。
よかった。

これで、遠隔会議なんとかなりそうです。明日事前に一度テストする予定です。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。