前記事の続きです
 こんなことになっているとは知らなかった!切手の切り取りの切れ目の話です。日本のが↑左ので見慣れていると思いますが・・・こんな感じ。

○─○─○─○─○─○─○─○─○

アメリカではなんと↑右のようになっています(アメリカの全部の切手ということではないかも)。波線ですね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

切り取ってしまうと日本タイプとあまり変わりなく見えますが、角の所がちょっと違ってきますね。

 たぶんですが、なぜアメリカのがこうなっているかというと、のりタイプではなくシールタイプなんだと思います。シールタイプで台紙があれば波線部分が全部切れていてもバラバラに切り離されてしまいません。日本の切手もシールタイプのが増えてきているのでアメリカタイプも可能ということか。ま、でも日本は従来通りの目打ちタイプでいいと思います。


 さて、前の投稿の花鳥風月の「鳥」が来ている話ですが、↑このアメリカの郵便局のツイートを見つけたのがきっかけでした。「冬の鳥」ということです。この鳥のイラストの切手がすごくいいなと思ったのです。
 そしてさらにアメリカの切手の切り口が変わっているのに気がつきました!何これ?この話はまた次で・・・

歳を重ねるにつれ、だんだん 花・鳥・風・月 の順番に心を動かされるという説があります。僕も草花はもう来ていて、最近ちょっと「鳥」に関心が来ていますw。前は鳥なんてあんまり興味無かったのですが。アメリカの切手で鳥のイラストをあしらったのをウェブで見かけて「鳥いいなー」と。その切手については次の投稿で書きます。