今年のはこんな寅のイラストを描きました↑。背景の柄(薄ーいグレーのトーン)と雪などは毎年同じようなパターンにしています。こちら↓2016年の申。


 印刷は例年と同じネット印刷に出しました。数年前から印刷方式をオンデマンド(簡単に言うとプリンターみたいな方式)にました。依頼枚数もだんだん減って2016年の写真と比べるとすごい薄い。それでも必要枚数の倍くらいはあります。以前は大量に余らせていたんです。
 紙は今年はアラベール スノーホワイト200kg。なかなか良かった。毎年微妙に違う紙にしています。


 日経サイエンスの数学パズル連載「パズルの国のアリス」の単行本化第4弾が12月25日に出ました。僕はイラストを担当しています。
 前回の第3段は2年半前のこちらの投稿です。
 今回、当初「ピザ」ではなくてパスタのイラスト案があって、僕としては断然そちらの案を推していたのですが、結局こちらの案が採用になりました。

 プロモーション用のキャッチフレーズが「🍕丸いピザを直線でn回カットしたとき,最大で何ピースに分かれるだろうか?」というものだったので、「ピザ」「n回」・・・「ピザピザピザピザってn回言って」というのを思い出しました。そこで、自主的にツイッタープロモーション用のイラストを描いて投稿しました。そのイラスト↓


 日経サイエンスの紹介ページです。


 自分で作ったデザインをいろんなものにプリントしてもらって買ったり、売ったりできるウェブサービスがあります。今回、誕生日プレゼント用にあげようと思って、SUZURIというサイトで自分で描いたイラストをデザインしたパーカーを作りました。
 「宇宙雷鳥」です。あんまり意味とかはないです。ただ雷鳥を描きたかったから。プレゼントしたものには左下に小さく本人用のマークも入れてあります。

 マークだけ取ったものを一般用に買えるようにもしてあります。このサービスではデザイン画像を作ったら、サイトにアップして、配置を調整して商品完成!とするだけ。後はその商品を自分で買えばプリントして届けてくれるし、値段を決めて「売る」として、誰かが買ってくれたらその先の商品手配・決済など全部サイトサービスの方でやってくれます。こちらの手間のかから無さがすばらしい。
 僕の商品のページはこちら https://suzuri.jp/shige_snow

 ここのところハエトリグモが居ついています。一度窓から外に逃がしたはずなんですが・・・。なぜかまたいました。外に追い出そうと紙片などを持って窓の方へ誘導するのですが、クモの知能というのか、なぜか必ず追いやりたい方向とは逆に逃げようとします。こちらとしては安全に外に出してあげると思っているのにその親切心は伝わらない。「敵の誘導はワナに違いないから逆に行け!」という本能みたいなものがあるのでしょうか?そういう行動プログラムがあるとしたらそれも大したものだと思います。

 このハエトリグモというのは、前にイラストで描くことがあって、ちょっとネットで調べたりしました。下のイラストのように目が前に4つありますが、後ろにもあって全部で8つの目があります。そして結構かわいいんです。それからハエトリグモがいてもあまり嫌な気もしなくなって、放っておいたりしています。気が向いて外に追い出せそうな時に追い出すようにしています。その時描いたイラスト↓ 目が複数並んでいる感じが独特の雰囲気を醸しだします。エヴァンゲリオン弐号機も4つ目なのですが、もしかしたらクモから着想しているのかな?
 ※イラストの下にスペースを空けて家にいたクモの写真がありますので苦手な人は注意。

家にいたやつ↓↓↓↓