12年前に使っていたMac G5のハードディスクを取りだしてサルベージ。当時のファイルを眺めていたら、こんな↑キャラクターを発見しました。なにかのウェブサービス用に頼まれて描いたようですが描いた記憶がほとんどない。あまり自分の絵っぽくないから、新鮮でなかなか良い。二つ折り携帯の感じも時代を感じます。

 このところ、いろいろな動物のイラストを描く機会があります。今月号の日経サイエンスの連載(2019年3月号・連載「パズルの国のアリス」)ではハリネズミ(のロボット)を描きました。その他、いつものキャラクターのお茶会メンバーである3月ウサギとヤマネ。この二人はまぁ何度も描いていますが。
 今とりかかっている来月号でもまたある動物を描く予定です。

前回投稿のアインシュタインのイラストの掲載誌が届きました(日経サイエンス2019年2月号「特集:量子もつれ実証」)。Macで描いている時の見た通りの色で印刷されるのがベストなんですが、印刷では多少ずれることが多いです。色が浅いと台無しだし、濃過ぎるとそれはそれで問題で、ちょうど良い感じにするのは意外と難しいのです。これまでのイラストの出方のズレを見越して、あらかじめ調整して納品するのですが、今回はすごく良い発色になりました。良かった良かった。


 次号の日経サイエンスで扉イラストを描かせていただきました。
「アインシュタインの夢ついえるー測っていない値は実在しない」谷村省吾(名古屋大学)



 量子論で「観測していない物理量は確定されない」という理論から、これに疑問を持っていたアインシュタインは『君は、君が見上げているときだけ月が存在していると本当に信じるのか?』と言ったといいます。最近の実験でやはり量子論の言っていることが正しかったということが完全に証明されたということです。つまりアインシュタインの話でいうと「見ていない時には月が存在しているかどうか確定されない」ということ。そんな話をイラストにしてみました。

 連載コーナーの「パズルの国のアリス」でもイラスト描いています。次号ではトランプ王国の博覧会会場を描きました。

 腑に落ちない名前その2は「コブシメ」です。昆布でしめたこぶしめと紛らわしいから。「コブシメの昆布しめ」みたいなことになるでしょ(怒。
 イラストは今回ちょっと慣れていないアプリで描いたのであまり納得していないのですが、まいいです。