日経サイエンスで新コーナーコラム「科学の森」が始まりまして、そのコーナーイラストを描かせていただきました。この森の絵です。筆者は東京大学名誉教授の和田昭充さん。
 余談ですが、この「森」の字は奇しくもこないだからこのブログで書いている正調明朝体でした(デザイナーさんが入れた文字)。「陸王」のフォントと同じです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

82円切手の10枚シート。今年の冬はこの森の贈りものシリーズを買いました。これも切手デザイナーの星山理佳さんのイラスト・デザインのものです。あいかわらずいいです。星山さんの切手はこのブログでも何回も取り上げています。2015年の冬はこんな感じ↓

2015年の記事にリンク貼ってあります。

基本使う目的なので、季節にあったものを少しずつ使っています。2015年の冬のシートも残り3枚くらいになりました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

山口にある建設会社村上組さんのパンフレットをデザインさせていただきました。今日印刷の現物が送られてきました。紙のチョイスが功を奏し、インクの乗りが良く、かといってテカリもなく、のっぺり、しっとりとした色ベタがいい感じ。紙はAライトスタッフGA-FS135kg。イラストは鉛筆描きっぽく荒さを残して、色もあえてスミだけにしました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

またサイコロ3DソフトMagicaVoxelで作ってみました。池と建物の風景ー昼と夜バージョンです。池の映り込みなどを作ってみたかったのです。右の建物は大学の頃にサークルで使っていた建物「文化系サークル館」です。深く記憶に残っている風景を3Dで再現すると、なんだか不思議な感覚になります。「おーあるある!」的な感じとでもいいましょうか。オモシロイです。



↑これは使用していたA室のベランダからの視点。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+