財布がくたびれてきたので新しく買い換えたのですが、新しい財布が微妙に小さくてしっくり納まりません。カード類を必要なものに厳選しても微妙に苦しいです。

 そこで、長年財布に忍ばせていたこのカエル🐸の焼き物をどうするか悩んでいます。「カエル=お金が帰る」というげん担ぎで入れていたんですが、小銭入れの僅かなかさばりが二つ折りの閉じ具合に影響してしまっている現状、カエルあきらめるかな。これを出したとたん大散財したらどうしようというのが心配。

 みんな、財布の大きさどんな感じなんだろう?

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 1月半ばを過ぎるとカレンダーが値下げされるので、毎年その作戦をやっています。今年もその作戦で、年が明けてからは昨年の12月のカレンダーに付いている小さい次月のカレンダーを見て我慢していたのですが・・・。さすがに不便でそろそろ限界でした。

 ということで、カレンダーを買いに。30%引きのセールになっているカレンダー売り場で見つけた気に入ったのはこの全面色バックの!月ごとでバックの色が変わります。でも「見本品」だけしか残っていなかったのです。そんなに汚れていないし、安くなればこれでいいか…と店員さんに相談したところ、定価の半額にしてくれました。定価900円→半額450円です。「値札のシールを剥がすのにちょっと跡が残ってしまうかも知れませんがそれでもよければ」という条件付でした。それが1月25日のところです。ちょっと剥げてしまいましたが気にしなーい。今年もいいカレンダーの買い物ができました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

🎍あけましておめでとうございます🎍

 写真は今年の僕の年賀状です。印刷所から上がってきたところ。100枚注文したら30枚以上予備が付いてきました。帯封されている部分が100枚です。予備だけで出す枚数をまかなえてしまう。
 毎年、印刷用紙を変えていまして、今年は高白ラフバガス・厚さは220kgです。値段が安い割りに風合いと厚さがとても良い。カードとしては一番コスパが良いと思いました。風合い、発色はこれまでで一番気に入りました。
 ちょうど砂糖の原料の話を前の記事でしましたが、バガスはサトウキビの搾りかすのことです。竹やケナフと同じ非木材紙。森林保護の面で環境にやさしい紙です。それなのに半分以上余らしては逆に資源の無駄使いですね・・・

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ホクレンてんさい糖

 わりと甘いもの好きなので、砂糖についてちょっと考えなおしてみました。調べて分かったのは精製糖よりてんさい糖の方が体に良いということ。まぁそんなに妄信的にはなりませんが、ものは試しでてんさい糖を買ってきました。以前から珈琲には液体のてんさい糖を使っていましたので味については全く心配は無かったです。てんさい糖はむしろとてもニュートラルな甘さです。
 あと「ホクレン」を応援するためにも。ホクレンは北海道では誰もがその名を知る農協の連合会です。てんさいは北海道の特産なのです。少しでも買って応援するという気持ち。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+