SDGsのロゴのデザインについて。前から言いたい事がありました。

いっぱい言いたいことがあるのですが、総じて言いたいことは「クオリティーが低いので活動全体のクオリティーもそれに引っ張られて見られる」ということ。例えばお店の中がちょっと薄汚れていることでそのお店の全体が察しがつくみたいなことです。

 どこが良くないか、少しずつ分けて紹介していこうと思いますが、まずはこの色の選び方(上画像)です。17個の色を選ぶとなった時にこんな選び方をします?中には本当に近い色もあります。僕なら絶対にやらない。
 あと、17個というのも嫌なところです。割り切れない。並べる時にも半端になるよね。デザインしづらいのです。


 しばらくメインとして飲んでいるコーヒー豆をラオス産のにしているのだけど、久しぶりにモカを淹れたらやはり強烈に美味しい。
 しかし、ここにきてまたモカが市場から姿を消してきているような気がしている。前に購入していたお店のモカの商品が無くなっていたり、代替商品としてブラジル豆が使われていたりということが見受けられるのです。モカはここのところずーっと不足気味が続いていたようなんですが、ちょっとレベルが上がった感があります。
 実は以前にもこういう事があって、ブログにも書いたなと思って投稿を探してみたら(gooブログの方)、2008年末のことでした。13年も前かー。こちらに一部投稿を引用しておきます↓(リンク先はgooグログ) 強烈に美味しいのですが、モカになかなか手が出なくなるかもしれません。かなしい。

2008年12月31日
1年近く前からいつも買っていたコーヒーの「モカ」がお店から消え、代替品として「ブラジル」になっていた。どうやらコーヒー市場でモカが品薄らしいとは聞いていたのですが、やはりそのようです。この前ネットのニュースでこんな記事が出ていました。……

 先日、さまぁ〜ずのテレビ番組を観ていて面白かったこと。本人が来ないゲスト(事前アンケート形式)で細野晴臣さんの回でした…


「自身の曲で、この曲のこの部分を聞いてほしいという所教えてほしい」という質問に、細野さんは「安田成美さんが歌った『風の谷のナウシカ』の歌の冒頭2小節で『金色の花びら』の箇所のコードが禁じ手。この和音進行に馴染めなかったのか、フランスの歌手クレモンティーヌさんがカヴァーしてくれたときは短調を長調に変えられてしまった」と回答。そこで安田成美さんとクレモンティーヌさんの風の谷のナウシカを聴き比べた。

 という場面があった。確かにこの曲をはじめて聴いた時(高校生くらいの頃だったと思う)からなんか変な感じだなと思っていたけど謎がとけました。メロディーはいいのだけどコード進行がなんか変。これはクロマチック・メディアントというコード進行なんだそうです。YouTubeでまさにこの説明をしている動画がありましたので貼っておきます↓

安田成美 の 風の谷のナウシカ – Dr. Capital


 Dr.Capitalさん。とてもわかりやすいし、ギターのアレンジがすごいかっこいい。
 ちなみに「クロマチック」という単語。僕にはちょっと苦手意識があって、デザイン関係にも音楽関係にも出てくるのですが、僕は最初にデザインのカンプで使うためのインレタのようなものとして「クロマチック」という名前を知ったのです。後に「色の」的な意味らしいということを知ったのですが、これが音楽用語としては「半音の」という意味なるということです。意味が結びつかなくてこういう語感がなかなか覚えられない。

 ※そうか、クロマチックの名詞形クロームはモノクローム=単色。コダクローム(コダックのカラーフィルム)とかで前から「色」の意味で使っているんだ。


 今日4月12日から17日までカナダのトロントでカーリングの大会”プリンセス オート プレーヤーズ チャンピオンシップ”が行われます。日本からはロコ・ソラーレが出場します。
 これは1年を通して、カナダの各地を転戦して6大会を戦うもので、今日からのプリンセス オートの大会は5大会目。残念ながらテレビの放送は日本では有料のCS放送でしか観れません。僕もまぁ観ている暇も無いので観ませんが結果はチェックしようと思います。
 先日同じくカナダで行われた世界選手権では中部電力がコロナ感染で途中棄権してしまったので、今回もコロナがちょっと心配です。また、その世界選手権では韓国が2位になったので、今回ロコ・ソラーレ(五輪2位)とどちらが勝つか注目です。
 と思ったら、どうやら韓国のチームは出ていないようです。カナダのチームが結構多く世界大会というよりカナダの商業的大会の色合いが強いのかもしれません。
訂正:韓国のチームですが、メガネ先輩のチームではないチームが1つ出ていました。

ロコ・ソラーレの日程・結果
試合日程 対戦 結果 スコア
第1戦 Zacharias
(カナダ)
Z:0100 0×××=1
ロ:1031 2×××=7
第2戦 Tirinzoni
(スイス)
ロ:1000 0×××=1
T:0222 1×××=7
第3戦 Walker
(カナダ)
ロ:1103 0102=8
W:0010 3010=5
第4戦 McCarville
(カナダ)
ロ:0030 42××=9
M:0101 00××=2
準々決勝 Einarson
(カナダ)
E:1011 022×=7
ロ:0100 200×=3

決勝トーナメント初戦準々決勝はカナダチームEinarsonに3対7で破れベスト8という結果になりました。

グランドスラム最終戦は5月頭から始まります。