日経サイエンスで新コーナーコラム「科学の森」が始まりまして、そのコーナーイラストを描かせていただきました。この森の絵です。筆者は東京大学名誉教授の和田昭充さん。
 余談ですが、この「森」の字は奇しくもこないだからこのブログで書いている正調明朝体でした(デザイナーさんが入れた文字)。「陸王」のフォントと同じです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+


 一昨日、NTTフレッツがADSLのサービスを2023年にやめるというニュースがありました。タイミングがいいというか、何というか、僕は家のADSLをちょうどこの9月にNTTからYahooに乗換えました。危険を察知したのかな?なのでたぶんこのNTTの廃止には関係なく2023年以降もADSLを続けることができるのです。巷では「ADSL終了」などと全部のADSLが無くなってしまうみたいな感じで言われていますが、Yahooはまだあるのです。聞くところによるとオーストラリアではまだADSLが主流だとか。たいして不便がないのだから安い方がいいです。
 それにしても、つい先日「光回線のトラフィックが増えすぎてひっ迫しているから、繋ぎ放題をやめて従量制にするかも」なんてニュースがあったばっかりなのに、そっちを放っておいて、ADSLは廃止にして良いのでしょうか?

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

82円切手の10枚シート。今年の冬はこの森の贈りものシリーズを買いました。これも切手デザイナーの星山理佳さんのイラスト・デザインのものです。あいかわらずいいです。星山さんの切手はこのブログでも何回も取り上げています。2015年の冬はこんな感じ↓

2015年の記事にリンク貼ってあります。

基本使う目的なので、季節にあったものを少しずつ使っています。2015年の冬のシートも残り3枚くらいになりました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

山口にある建設会社村上組さんのパンフレットをデザインさせていただきました。今日印刷の現物が送られてきました。紙のチョイスが功を奏し、インクの乗りが良く、かといってテカリもなく、のっぺり、しっとりとした色ベタがいい感じ。紙はAライトスタッフGA-FS135kg。イラストは鉛筆描きっぽく荒さを残して、色もあえてスミだけにしました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

前にデザインをした書籍で初めて「本明朝」を本文で使ってみましたら、これが思いのほか良かったです。比較参考として「リュウミンR+アンチックAN L」と一緒に載せてみます。

 本明朝は実はWindowsの標準明朝体「MS明朝」の元となった書体です。MS明朝はなんとなくダサいと思い込んでいたのですが、よく見るとそうでもなく、本文として組むにはなかなか良いのでは?四角の枠にふくよかに広がっているかなで、なんとなく活版活字に近い印象。変に個性を主張していないのも使いやすそう…と思い直し初めて使ってみたのです。かなを比較してみるとこんな感じ↓。
 
日本語のオーソドックスな書体のキャラクターはやはりかなで左右されます。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+