いま放送中のドラマ「ツバキ文具店」。あまり観るつもりはなかったのです。というのも代筆屋の主人公が毎回、紙、筆、インク等の筆記用具まで吟味して最適なものを選ぶとか、そりゃ好きな人は観ちゃうでしょ。という「あざとさ」が垣間見えるから。しかも鎌倉が舞台とかね。「あざといなー」と思いながらも、毎回、ガラスペン、活版印刷!、レイド紙の便せん、蝋引き自分でやるか!・・・と作者の術にはまってしまいました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+


前の投稿

「おめーらいづまでもいづまでも調子ぃん乗ってんじゃねーかっな」

は赤いプルトニウムの茨城弁フレーズです。僕は学生時代に茨城で過ごしていたこともあり茨城弁にはちょっと親しみがあります。4月から始まった「ひよっこ」も茨城弁が使われていることもあって、最近茨城弁がちょっとブームです(僕の中で)。ひよっこの中でもこの「いづまでもいづまでも」と早口で2回繰り返すセリフが出てきました。

 茨城の形は何だろう?と思ってイラストにしてみました(上のイラスト)。以前、夢に出てきた「静岡」↓(その時の投稿)に続いて、県の形シリーズです。


Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+